薄毛の悩みを解消するため、様々な方法を試している人もいるでしょう。
発毛促進のためには、効果の高い育毛成分を摂取することが大切です。
発毛効果の高い育毛成分としては、プロペシアやミノキシジルが有名です。
プロペシアとミノキシジルの効用や副作用を紹介します。

・発毛効果の高い成分

発毛に効果のある成分としては、プロペシアとミノキシジルが有名です。
それぞれ医学的にも効果があると認められており、多くの発毛クリニックで使用されています。
最初はプロペシアです。
プロペシアはAGA治療薬として世界的に利用されており、現在60ヶ国以上で承認されています。
日本では2005年から販売されており、リアップとして商品化もされています。
プロペシアは厚生労働省の認可も受けており、多くの人たちから支持されています。
次にミノキシジルです。
ミノキシジルは、1970年代後半のアメリカで使用されていました。
始めは血管拡張剤として開発されましたが、その後発毛にも効果があることが分かり、外用育毛剤として利用されるようになりました。ミノキシジルタブレット

・副作用について

副作用について

プロペシア、ミノキシジルは発毛効果の高い育毛成分として認知されていますが、副作用はあるのでしょうか?
まずプロペシアですが、副作用としては勃起不全、精力減退など男性特有の症状が出る場合があります。
このように副作用としての症状が出る場合もありますが、それらの症状は医学的には証明されていません。
そしてミノキシジルの副作用は、動悸、めまい、息切れ、倦怠感、嘔吐などの症状です。
この中では動悸が最も多いようです。
ミノキシジルは配合濃度が高まるにつれ、副作用の発症率も上がります。
1%のミノキシジルで約2%、5%になると9%前後の確率で発症するといわれています。
当然個人差がありますが、使用の際は注意する必要があります。

発毛効果の高い育毛成分として、プロペシアとミノキシジルが有名です。
これらの成分は発毛改善の方法としてよく利用されていますが、副作用が出る時もありますので注意が必要です。