東洋医学の育毛治療最前線

発毛クリニックでは様々な薄毛治療が行われていますが、その多くは西洋医学に基づいた方法です。
治療の方法は、西洋医学以外に東洋医学による方法があります。
両者にはどのような違いがあるのでしょうか?

・西洋の治療法

薄毛治療として、現在では様々な治療が行われています。
レーザー治療、育毛剤の使用、発毛効果のある薬など、多くの治療が行われています。
これらの方法は、西洋医学による治療法といえます。
これに対して東洋医学もあります。
東洋の考え方としては、西洋で行っている様々な薄毛治療を疑問視しています。
西洋治療は抜け毛が止まって発毛することはありますが、その効果は一時的なものであり、長期的観点から見ると長続きしないとされています。
東洋では、抜け毛の原因は内臓にあると考えられています。
そのため、内臓の働きを正常に戻すことが抜け毛対策に最も有効としています。
内蔵を強くする方法として、針やお灸、マッサージなどを推進しています。
針、お灸、マッサージなどで頭のツボを刺激することが、抜け毛対策に効果があるとされています。

・内蔵の強化

内蔵の強化

西洋医学と比べ、東洋では薄毛治療として内蔵の強化を重視しています。
本来生えている髪の毛が抜け落ちるというのは、その人に何かしらの異常があるからです。
それゆえ針やお灸、マッサージなどを行い、正常な体に戻すことができれば抜け毛は止まるとされています。
東洋医学の薄毛治療では、前述の針、お灸、マッサージ以外に漢方薬も推奨しています。
一般的な抜け毛治療による効果は、初期段階の程度であれば2ヶ月程度で治療効果を実感できた人もいます。
抜け毛や薄毛が気になる方は、一度試してみると良いかもしれません。
薄毛の程度によっては、改善効果を期待できます。

薄毛治療として、西洋医学、東洋医学それぞれの治療方法があります。
どちらも薄毛治療の効果を期待できますので、髪の悩みが気になる方は一度試してみてはいかがでしょうか。
まずはその方法を理解することが大切です。