再生医療が薄毛を改善する時代到来!

再生医療によって、薄毛改善できる時代が訪れようとしています。
薄毛で悩んでいる人にとっては朗報です。
研究が進むにつれて、将来薄毛で悩む人がいなくなるかもしれません。
この夢のような治療について紹介します。

・優れた治療

最近話題になっている再生医療、ご存じの方も多いのではないでしょうか。
この医療は、病気や事故などによって失われた体の細胞、器官、組織再生、機能回復を目指した方法です。
医療業界の再生方法はかなり前から行われており、身体のリハビリテーション、義手、義足、人工関節、人工皮膚、皮膚移植、骨髄移植など、広い意味で行われていました。
実際の治療にはいくつか種類ありますが、その中の一つが幹細胞移植です。
培養技術、生体組織工学、遺伝子工学などの研究推進により、幹細胞を応用した医療は注目を呼んでいます。
そして最近では、iPS細胞も話題になっています。
医療分野における再生医療は、優れた方法といえます。
私たちの持つ自己再生能力を最大限利用することで、難しい治療も可能になります。

・メリット、デメリットについて

メリット、デメリットについて

再生医療は髪にも応用可能で、毛球部毛根鞘細胞を培養することで髪を増やすことができます。
毛球部毛根鞘細胞を取り出した後に培養し、薄い部分に移植することで髪の毛が復活します。
しかし、この治療にはメリット以外に、デメリットもありますので理解しておく必要があります。
まずメリットです。
メリットとしては、様々な臓器が組織になる可能性があることです。
多くの部分に応用でき、その可能性は無限大といわれています。
デメリットとしては倫理的な問題、安定供給の困難、拒絶反応の可能性などがあります。
またiPS細胞は、がん化の可能性もあるようです。

様々な分野で期待を持てる再生医療、薄毛改善にも大きな効果を期待できます。
薄毛の悩みを持つ人には、まさに朗報ではないかと思います。
多くの人たちが期待していますが、デメリットもありますので注意が必要です。
そのため、今後は如何にしてデメリットをなくしていくかが大きな課題といえます。